ヒゲ脱毛が安いメンズエステサロン

メンズエステサロン

男性の中には、自分のムダ毛は全く気にしていないという人もいるものですが、それでもヒゲの悩みを抱え続けているという人もいるものです。ヒゲは男性ならではのものではありますが、ヒゲが濃いからと言って男性らしいとは言い切れないものです。濃すぎることは手入れに手間がかかってしまったり、毎朝きれいに処理をしたとしても夕方には生えてきてしまって不潔にみられるなどのトラブルもあります。そんなヒゲの悩みは脱毛で解決することができます。

 

美容クリニックで行われているヒゲ脱毛は、レーザー脱毛で受けることができます。永久脱毛ができる方法でもあるので、脱毛が完了してしまえばもうヒゲに悩むこともなくなります。しかし、予算的にはとても高額なので、生活費に支障を与えてしまうことにもなってしまいます。メンズエステサロンの光脱毛であれば、安い料金でヒゲ脱毛を体験することができます。レーザー脱毛のように永久脱毛はできませんが、ヒゲの量が減るだけでもお手入れが楽になって清潔感を出すことができます。男子学生にも多く利用されているように、毎月無理のない支払料金です。全身脱毛となれば部位が広範囲になるのでそれなりの料金がかかってしまいますが、ヒゲのような狭い部分であればそれほどの料金はかかりません。さらに、希望部位を絞り込むことでも安く済ませることができます。ヒゲ脱毛は、鼻下、頬、口下、首、顎などの部位で分けてあるので、希望部位だけでも構いません。

 

顎ヒゲは伸ばしているという人にも利用されており、顎ヒゲ以外の部位の脱毛を受けておけば整えた顎ヒゲの形が崩れることもないのでお手入れが楽になります。メンズエステサロンの脱毛は、施術後に肌の手入れも行われています。これは、サロンならではのサービスでもあるので、美容クリニックで受けることができないものです。脱毛後に肌の手入れを行うことによって美肌効果を得ることができ、きれいに脱毛することができます。

ヒゲ脱毛の痛みはどのくらい?

痛み

今の時代男性でも脱毛をする人は珍しくありません。美意識が高い男性が増えていると言えます。芸能人でもテレビ受けがいいようにヒゲ脱毛をしているという人がいます。ヒゲは髪の毛の次にお肌への密着率が高く、根も深い毛です。この様なことから、ヒゲ脱毛はゴムをはじいたような痛さだというように非常に不快感を感じる男性が多いです。実際にヒゲ脱毛の痛さはどのくらいの痛さなのか女性には理解することは難しいです。やはり、ヒゲの濃い方や薄い方、人それぞれによって痛みは違うのです。ヒゲが濃い男性は痛みが強いです。反対に薄い男性は痛みが弱いと言えます。それは、脱毛器が濃い色に反応するようにできているのでヒゲが濃い男性の方が痛みが強いのです。また、黒い毛を認識するのがメラニン色素なので肌の色が白い人に比べ、黒い人の方が痛みを感じることが言えます。

 

そして、施術する先生の技術によっても痛みは変わってきます。上手な先生に当たると痛みは和らぎます。あまりに痛みに耐えられない人は麻酔クリームをぬって施術を行う人もいます。ヒゲ脱毛はピンセットでヒゲを抜く何倍の痛さなのです。基本的にヒゲ脱毛は体の脱毛より痛いのです。最近は、メディオスターという機械が導入されていますので、こちらはあまり痛くないように開発されています。こちらは、今までの脱毛器とは違う組織を領域としているため、痛さが軽減されています。こちらの脱毛器を導入しているクリニックが最近は増えてきています。

 

医療レーザーとエステで行う施術によっても痛さがちがってきますのでこちらを判断することも必要です。さまざまなクリニックがある中で、機械も多種多様だと言えます。ヒゲ脱毛をする上で、自分に合った先生や機械を判断することが正しい脱毛を行う方法だと言えます。インターネットで口コミを調べたり、知人に聞いたりと脱毛をする前にお店をピックアップし実際に体験してみることが大切だと言えます。

ヒゲ脱毛の値段はどのくらいかかる?

値段

女性でも、ホルモンバランスの乱れなどにより、太いひげが生えてくるという悩みを持つ人が多く見られます。日ごろの生活習慣やストレスをためない生活が大事であるといわれていますが、これらを改善したからと言って、すぐにひげがはえてこなくなるわけではありません。そこで近年、便利に利用できるのが、脱毛サロンや医療クリニックなどで行われる脱毛の施術です。脇や脚などの部位が人気ですが、近年では全身脱毛や、鼻の下やあごの部分のヒゲ脱毛も人気を上げています。

 

ヒゲ脱毛の施術を受けるにあたり、かかる値段としては、医療レーザーでヒゲの脱毛を行った場合には、5回から6回の施術を受けて、安い所で3万円台、高い所で5万円台ぐらいとなります。もしもひげの量が多くて悩んでいるのであれば、効果が高くて安全性の高いと言われている医療レーザーを用いた施術を受けると良いでしょう。エステサロンで行われるものより痛みが強いですが、特に太い毛には強い反応を示します。あごは骨が近い部分であるので痛みが強く感じるでしょう。

 

もしもひげの量が少ないのであれば貼り脱毛を選ぶと良いでしょう。レーザーや光を使ったものとは違い、毛穴の一つ一つに、細い器具を挿入する方法です。この方法はレーザーよりも痛みが強いという特徴がありますが、皮膚へのダメージを抑えられるというメリットがあります。そして肌の色素に関係がないので、ほくろやシミのある部分でも施術を受けることができます。施術の後は、ケアの部分がしばらく赤みが残ることがありますが、もしも2、3本しか生えてないという場合には、この方法で一回で終わらせるのが簡単といえます。この施術方法の場合には、一本100円から150円ほどで施術を受けることができます。医療用のレーザーの施術の場合にかかる回数は、一般的には5、6回ほどといわれています。しかし女性の太いひげは男性のようにたくさん生えているわけではないので、もっと早く終わる場合もあるでしょう。2、3ヶ月の毛周期に合わせて通わなければなりませんが、数本程度であれば、1回行うことでほとんどなくなる可能性もあります。

ヒゲ脱毛と毛周期と回数について

ヒゲ脱毛

ヒゲの濃い人は綺麗に剃っているつもりだとしても、すぐにたくさん生えてくることになり、たびたび剃らなくてはなりません。ヒゲが濃い人の場合、きれいに剃っているというのに、青髭のような見た目になってしまうでしょう。色が白い人は余計に目立つことになりますので、コンプレックスになっている人もいるはずです。青ヒゲが気になるのであれば、ヒゲ脱毛をすることによって、気になる部分を綺麗にすることが出来ますので、青髭に悩むことがなくなります。ファッションとして鼻下部分だけは残しておきたいとか、顎の部分だけは残しておきたいのであれば、希望の部分だけヒゲ脱毛をすることが出来ますので、最初にどのような状態にしていきたいのかをカウンセリングで伝えておくことです。

 

ヒゲ脱毛をするのであれば、毛周期に合わせて行うようになります。毛周期に合わせて施術と受けるのであれば、8週間から12週間くらいの間隔で行っていくといいでしょう。早く脱毛を完了させたいとはいっても、通う間隔を短くしたところで早く脱毛が完了するというわけではありません。毛周期に合わせなければ効果が出にくくなりますので、8週間から12週間を目安にして通うのがベストです。通う回数に関しては、満足度や毛量、毛の太さなどが影響してきます。

 

6回から12回程度で満足する人が多いですが、同じ場所に通っている人でも個人差がありますので、他人とは比べにくいところがあります。最初のカウンセリング時に毛の状態を見てもらうことによって、目安の回数がわかるようになりますので、どのくらい通うかを決めていくといいでしょう。思ったよりも早く満足が出来たのであれば、途中で辞めることもできますが、その時には返金をしてもらえるかも聞いておくことです。早く満足できればそれ以上通う必要はありませんので、返金が出来るのであれば満足がいった時点でやめることで無駄なお金を使わなくてもすむでしょう。

ヒゲ脱毛前後の運動とは

運動

ヒゲが濃い人は、自分が思っている以上に相手からは濃いと感じられていることがあります。自分の中では当たり前になっているそのヒゲの濃さも、顔を近づけることが多い妻や子供たちからは嫌がられていることもあるでしょう。子供に頬づりをしようと思っても、チクチクするから嫌と言われてしまえば、子どもとのスキンシップをはかることが出来なくなります。鼻の下や顎の部分だけ髭を残したとしても、頬の部分だけでもヒゲ脱毛をすることはできますので、不要な部分だけでも脱毛をするといいでしょう。

 

ヒゲ脱毛のためにサロンに通うのであれば、その前後に運動をしてもいいのでしょうか。自分の休日に運動が好きな人は、ジムに通ったり、ランニングをしたりと好きなことを行っているはずです。ヒゲ脱毛をする前後には運動をしないようにしておかなくてはなりません。なぜ運動をしてはいけないのかといえば、体を動かすことによて、血流がよくなることになりますので、脱毛時のデリケートな肌に影響を与えることになるかもしれないからです。体を動かすのが好きな人からしてみれば、休みの日に運動が出来ないのは結構辛いことかもしれませんが、無理に体を動かすことによって、肌に悪影響を与えることになってもいけません。

 

肌に赤みが生じるようなことになったり、重大なトラブルが出てしまえば、仕事にもいけなくなってもいけないからです。運動が出来ないのであれば、ヒゲ脱毛はあきらめたほうがいいのかといえば、そうではありません。ヒゲ脱毛をするのは二カ月に一度程度ですので、休日のたびに脱毛に通うわけではないですので、ヒゲ脱毛に通う二年程度の間に、まったく運動が出来ないわけではないからです。二ヵ月に一日程度運動が出来なかったからといって、それが大きなストレスにつながるわけではありませんので、自分のためだけではなく、家族のためにもヒゲ脱毛をして、ツルツルの肌を手に入れるといいでしょう。

メンズ脱毛:ヒゲ脱毛の効果は何年もつのか

メンズ脱毛

サロンやクリニックのヒゲ脱毛は、近年男性の間で人気がある施術です。青ヒゲを解消できたりヒゲ剃りの手間から解放されるので、女性と同じようにメンズサロンやクリニックに通って、施術を受ける男性は増えています。しかし、ヒゲ脱毛の効果というのは、必ずしも永久的ではありません。受けた施術の内容によっては、数年で生えてくることがあります。ヒゲ脱毛で効果が高いと言われているのは、クリニックでの施術です。クリニックのヒゲ脱毛では、効果の高い医療レーザーを照射しています。そのため、半永久的に効果が持続すると言われており、施術を全て完了すればヒゲは生えてこなくなると言われています。

 

一方、メンズサロンでおこなわれているヒゲ脱毛は、フラッシュ式が一般的です。フラッシュ式は医療レーザーよりも弱く、施術を受けヒゲが生えてこなくなっても、数年後に生えてくる可能性は高くなっています。そのため、クリニックでの脱毛は永久脱毛を謳うことができますが、サロンでは永久脱毛という言葉を使えなくなっているほどです。しかし、フラッシュ式のサロンの施術でも、定期的に施術を受けていればヒゲは生えてきません。若いときは邪魔だと感じたヒゲも、高齢になれば生やしてみたいとなる可能性もあります。

 

そんなときにクリニックで半永久的に効果のあるヒゲ脱毛をしていたら、伸ばしたくても伸ばすことはできません。一時的なヒゲ脱毛で良いと考えるなら、永久に効果が持続するクリニックよりも、サロンを選ぶ方が良いというわけです。回数無制限のコースを選んでいれば料金も節約できるので、将来伸ばしたいと考えているなら、サロンを選ぶと良いでしょう。もちろん今後一切ヒゲを伸ばすつもりがないなら、半永久的に効果のあるクリニックが最適です。施術を受ける回数を減らせるので、仕事が忙しい社会人でも通いやすくなっています。男性がヒゲ脱毛を受けるときには、効果も考えながらサロンやクリニックを選びましょう。